FC2ブログ

菌糸ビン

 オオクワガタ飼育 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌糸ビン 作り方

幼虫が多く菌床飼育をしているひとはコストがかかって
大変だと思います。
なので今日は安くできる菌糸ビンの作り方を紹介したいと思います。

       □菌糸の種類と特徴

オオヒラタケ菌床 

■表面が真っ白で分解水が出にくいため、温度の高い夏場にも菌床劣化が少なく 羽化  不全しにくい。 

■分解水が出にくい分、水分が少なく成虫はヒラタケ菌床飼育ほど 大きくなりにくい傾向にある。 

■発生したタケは食用になる。(バター炒め等が美味しい)

ヒラタケ菌床
 ■表面は薄黄色になり分解水も出やすく、夏場の高温には劣化しやすく3ヶ月程度を
  目安に交換が必要である。温度管理と交換を怠ると羽化不全固体が発生しやすい。

 

■オオヒラタケ菌床より扱いにくいが、大型成虫が羽化する。
 発生したタケは食用になる。(スーパー等で販売されているシメジタケと同一種)

 カワラタケ菌床
 ■クロカワラとシロカワラがあるが、市販では表面が白くなるシロカワラ菌床が
 多く出回っている。

 

■タランドス、レギウス、黄金オニの幼虫飼育や産卵床として最近人気があるが
 ヒラタケ菌床より雑菌に弱く扱いにくい面がある。

ほかにもあるようですが、あまりポピュラーではないのでここでは

紹介しません。

準備する物


●市販の菌床ブロック(使用材料により500円?1500円と価格に差がある)
【菌の種類:ヒラタケ菌・オオヒラタケ(ウスヒラタケ)菌・カワラタケ菌・アワビタケ菌等】

●菌床ブロックを細かく崩す入れ物(洗面器やボールなど適当な大きさのもの)  
 
●菌床を押し固める道具(すりこ木や丸棒でも可)

●菌糸を詰めるビン数個(200?1500cc程度の樹脂容器やコーヒービンなど)

●菌糸ビンのフタ(1?3個の穴を開ける)

●菌糸ビンとフタの間に入れるフィルター

●添加剤(入れすぎると劣化を早める) 

 




作成方法は続きから

続きを読む

スポンサーサイト
訪問者数

訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

お気軽にメールください。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。